Tags: API, Shifter JA

サービスの安定稼働を目的とした、Shifter APIの外部呼び出しに対する制限について

いつもShifterをご利用いただきありがとうございます。

2021年2月より、より安定したWordPressおよびデプロイ環境を提供するため、
Shifter APIの一部URLについて1日あたりの呼び出し回数を制限させていただいております。

対象となるAPI

制限の対象となる呼び出しは、コンテナを対象とするAPIです。

  • POST /sites/{site_id}/wordpress_site/start (WordPress 起動)
  • POST /sites/{site_id}/wordpress_site/stop (WordPress 停止)
  • POST /sites/{site_id}/artifacts (Generator 起動)
  • DELETE /sites/{site_id}/artifacts/{artifact_id}/generator (Generator 停止)

なお、システム障害などAPIサーバーに問題が発生し、
レスポンスのステータスがHTTP 500番台となる呼び出しについては、制限の対象外とさせていただいております。

制限内容

対象となるサイトの契約プランに応じて、1日あたりのAPI呼び出し回数が制限されています。

Free / Free Trial:50 API req/day
T1: 50 API req/day
T2: 100 API req/day
T3: 300 API req/day
Legacy plan: 50 API req/day

制限が発生した場合について

制限値を超えたAPI呼び出しを行いますと、翌日0時までAPI呼び出しが制限されます。
プランを変更していただくか、翌日0時(UTC基準)以降に再度お試しいただきますようにお願いいたします。


公式ドキュメント(英語)も準備していますので、合わせてご覧ください。