保守・サポート・サービス稼働率について

Shifter の費用には OS、 ミドルウェアなどインフラレイヤーの保守および WordPress 本体のアップデート、チャットによるテクニカルサポートが含まれます。
サポート範囲は以下の責任共有モデルに基づきます。

責任共有モデル

Shifter におけるセキュリティ/コンプライアンス/安定的なサイト運営は、当社とお客様の間で共有される責任により維持されます。

当社の責任範囲

OS , ミドルウェアなどインフラレイヤーの保守および WordPress 本体のアップデート。

お客様の責任範囲

Shifter のアカウント情報、WordPress 上で動作するテーマ/プラグイン/ SaaS などのサードパーティの適切な管理。

  • パスワードやアカウントの設定管理
  • ソースコード/テーマ/プラグインの設定管理や動作確認、Web サイトの動作確認
  • ソースコード、コンテンツやメディアファイルなど Web サイトのデータ、サイト上で取得するデータの保守・管理
  • その他、当ホスティングサービスのサポート範囲外の内容

サポートについて

サポート時間

平日AM10:00 – PM7:00 (年末年始・休業期間を除く)
サポート時間外でのお問い合わせにつきましては、営業日と比べるとレスポンスに時間を要する場合がございます。あらかじめご了承ください。

サポート窓口

Shifter サイトおよび Shifter 管理画面のチャット窓口。

上記以外、お電話、オンラインミーティング、訪問等によるサポートはございません。
あらかじめご了承ください。

サポート範囲

Shifter の基本的な利用方法や契約などに関するご質問への回答を承っております。

サポートに含まれるもの

  • Shifter の基本的な利用方法
  • 契約やお支払いに関するお問い合わせ
  • Shifter の導入に関する基本的なご質問
  • 導入に関するご相談はオンライン個別相談会もご活用ください。

サポートに含まれないもの

  • サイトの移行に関する代行作業 (有償にて承っております)
  • サイトの開発方法に関するレクチャーやコンサルティング
  • お客様のサイトの機能追加/設定代行/不具合調査および修正
  • プラグインやテーマの推奨などのコンサルティング
  • プラグインやテーマ、サードパーティの不具合に関する相談 (開発元にご相談ください)

サポートのご利用方法

ご契約内容をお知らせください。
御社名、サイトIDをお知らせいただきますと、複数のご契約をいただいている場合、対象の特定がスムーズになります。

保守について

保守の定義

サーバー環境のセキュリティおよびパフォーマンス維持のためのメンテナンスを行うこと。
デジタルキューブの情報セキュリティにおける取り組みは以下をご参照ください。
https://www.digitalcube.jp/our-privacy-security/

保守内容

  • 必要に応じて OS やミドルウェアのアップデート/セキュリティパッチの適用
  • WordPress 本体のアップデート
  • Shifter のサービスに関わる定期的なバックアップ
  • Shifter のサービスに関わる障害発生時の復旧作業

保守に含まれないもの

  • お客様のサイトにおけるテーマ/プラグイン/その他サードパーティが Shifter 上で動作するかの確認
  • お客様のサイトにおける WordPress アップデート時のプラグインやテーマに関する動作確認

サービスの稼働率について

SLA(サービスレベル合意書):提供なし
SLO (サービス レベル目標):以下の通り設定しております。
公開側:Amazon CloudFront の稼働率に準じます。

  • Shifter 管理画面:99.863 (メンテナンス等による年間停止時間の目安 約12時間)
  • WordPress:設定なし
  • お客様にて設定・編集等、自由にカスタマイズ可能な WordPress に関してはお客様にて適切に管理していただく必要があります

※ SLO はシステムの稼働時間を確約するものではございません。
※ メンテナンス等による年間停止時間の目安は必ず発生するものではなく、実績をベースとした目安となります。
※ 万が一年間停止時間の目安を上回った場合も返金等補償の対象にはなりません。